カオヤイ神社



要約



      カオヤイ神社は、ゴ・シーチャン島の町の聖地と見なされています。 観光客を含み、ゴ・シーチャン島を訪問して来て、仕事やビジネスに来る全ての人はカオヤイ神社を崇拝します。カオヤイ神社を3年連続して崇拝すれば、願いを果たすことができると信じられています。



      願いが果たせる神聖なことが全国に流れています。タイ人も外国人も、年々に多くに旅行します。ただし、このエリアを通す漁師達は、カオヤイ神社を崇拝することで漁業に素晴らしいことが生じることをよく知っています。カオヤイ神社の歴史は、世代から世代まで中国人の「奇跡の神聖なもの」であると信じられています。古代中国の文献によると、中国海南省のウンセン・セーウン氏が1883年に記載したことです。その文献は、現在にもカオヤイ神社に保存されています。ある学者は次のように翻訳しました。セーウン氏は、ゴ・シーチャン島の前に船を止めて、山の上に光を見えて、見に登りました。人間の頭の形のような鍾乳石を発見し、自然的に出来上がったものでした。古代中国の信念によると、島の洞窟の中にあって、東方に面して、その前に水があるということは奇跡の神聖的なものです。




場所の詳細



              カオヤイ神社のは中国とタイの建築を組み合わせていた建物で、ゴ・シーチャン島の北方にある高山に位置しています。現在、この山はカヤシラ山と呼ばれています。カオヤイ神社の建物は赤く塗られて、島に着いたら、港からはっきりと見ることができます。その登り道には、2つの方向に分かられます。その右側には観音菩薩神社が位置し、その左側にはカオヤイ神社が位置しています。観光客が女神カオヤイを礼拝する場合、この道路に沿って歩くこともでき、又は6-8人用ケーブル・カーのサービスが提供されます。お年寄りの方に最適です。運賃は、信仰によって、その上にある献金ボックスに入れれば良いのです。




             観光客がカオヤイ神を崇拝したい場合、カオヤイ神のための崇拝の品物が25本の線香、金箔と1ボトルのオイルを含めるセット当たり70バーツです。誕生年の不運の解決の場合は、お守りとする護符と神社に名前を残したピンク紙を追加して、セット当たり100バーツであり、不運のお祓い行事は年次イベントとして行われます。




             カオヤイ神社の登り道の入り口の当たりには、アーチを通過すると、左側にスー(虎)神社があります。中国人は、スー神社を崇拝することによって権力を強化することになると信じている。その離れていない所にゴ・シーチャン島の高齢者福祉財団が位置して、福祉財団にメリットを奨励するようにいくつかの高齢者達が祝福します。次は、カオヤイ神社の登り道のアーチがあって、その右側に観音菩薩神社があります。観音菩薩は慈悲のメーリットを与えます。その近くにタムナーガ(蛇神)洞窟があります。この洞窟はあまり大きくなく、きれいなタイルで覆われています。洞窟の奥には祝福形状の天使像が配置されています。カオヤイ神社の登り道のアーチは大きく金色で、アーチが通過すると、赤いケーブル・カーが駐車されていてます。歩いて登る場合、黄色と灰色の道路に踏み込んで、黄色の鱗、緑のフィンの大きなドラゴン像を見えます。ドラゴンの頭は、カオヤイ神社を崇拝する人々に祝福するように感じられます。ドラゴンは、力と偉大さを表現する動物であり、全ての鱗を持っている動物の王といわれてます。ドラゴン像はカオヤイ神社の一つのハイライトで長期間で配置されて、訪問者達に印象を与えて、この神社を記録に残すでしょう。通路の真ん中に安全のためにレールが設置されています。その途中には、左側に迦旃延の仏像とタム・ルアンプー隠者洞窟行きの小道があります。


           しばらく歩いて登ると、八仙神社があり、カオヤイ神社の石から彫刻された八仙の像なので、大変聖なるもので、貿易、投資、職務などにメーリットがあると信じられて、特に中国人には非常に敬意されています。それから更に登ると、ライオンズペア像があって、あまり大きくない道があります。この道は仏足石への登り道であり、この道に沿ってプルメリア木のアーチを通し、道の両側にいくつかの聖なるものがあります。ところで、案件として、先にカオヤイ神社を崇拝しに行ってから、ここに戻って仏足石へ行く方が良いです。カオヤイ神社に入る前に、靴を脱いで、靴収納場に置いて、大理石の階段を上って、慈悲のメーリットの観音菩薩の神社、財宝神とする弁才天の神社、及び幸運、知恵や思いやりを与える迦旃延の仏像が目の前にあります。そして、カオヤイ神社を崇拝します。その辺に崇拝のための線香、ろうそくや花などが販売している商店があります。




アクティビティ


  • カオヤイ神社の崇拝


1. 25本の香に火をつけて、カオヤイ神の像の前にひざまずき、「氏名、カオヤイ神の力が保護するようにお願いし、カオヤイ神に望むことをお願いする。」を小さい声で又は心の中に言っても良いです。
2. 門神の崇拝として、香を神社の入り口の左右にそれぞれ1本に挿します。
3. その後、観音菩薩の像の前の陶器に3本の線香を挿して、カオヤイ神の像の前の陶器に3本の線香を挿して、山神の像の前の陶器に3本の線香を挿します。
4. そして、孫悟空の神社に行って、天地の礼拝として孫悟空の神社洞窟の前の陶器に5本の線香を挿して、孫悟空の神社の前の陶器に3本の線香を挿して、オンヤーの像の前の陶器に3本の線香を挿して、ルアンプー隠者の像の前の陶器に3本の線香を挿します。(右方向に回ります。)
5. 孫悟空の神社洞窟での行事が終わったら、カオヤイ神社に戻って、金箔をカオヤイ神の像に付けて、カオヤイ神社の洞窟内のランタンにオイルを補充すると、カオヤイ神社での行事が完了です。
6. 神又はカオヤイ神社からの祝福の願いは、さまざまなメーリットがあると信じられています。


- 門神は、聖地を守る役目です。カオヤイ神への崇拝のに、門神の許可が必要です


- ルビー女神は、海の女神であり、海の安全旅行と貿易の幸運のメーリットを与えます。


- プーパー〔山〕神は、山神であり、事業が安定、強化や良い実績であるようなメーリットを与えます。


- 天地の礼拝は、天と地が人生の繁栄を永遠に保護し、強化するような祝福を願うことです。


- 孫悟空の神は、成功性、障害の解消や財務的な流動性の祝福を与えます。そのため、多くの公務員やビジネスマンは礼拝しに来ます。


- ルアンプー隠者の礼拝は、健康な体、病気や痛みの解消の祝福を願うことです。神社の当たりを良く見れば、多くのウォーキングポールがあります。それは、願いを満たしたら、お礼としてウォーキングポールをルアンプー隠者に差し上げることです。そして、それらのウォーキングポールを貧しい人々に寄付します。


  • 孫悟空の神に運命を預かる行事


             多くの人々は、個人の信念と判断に基づいて、十二生肖による誕生年の不運やその解決の信念を持っています。ある人には良いことが起き、ある人にはは悪い状況を経験し、心が落ち込ませられ、思うようにならないこともあります。カオヤイ神社を崇拝する人は誕生年の不運の解決のために良く来たり、又は不運の解決や安全の保護のために、自分や家族の氏名や生年月日を赤い紙に書いて、その運命を孫悟空の神に預かります。


            赤い紙を書き、洞窟の前に張り付けることは、カオヤイ神社に訪れたマレーシアの観光者の信仰から始まりました。その観光者は、彼の夢の中で孫悟空の神に「事業や人生を成功させたいなら、ゴ・シーチャン島のカオヤイ神社までに礼拝しに行って、氏名を書いた赤い紙を孫悟空の神の像の前に張り付けてください」言われたと述べました。そして、彼は、神社の職員の許可を得て、その紙を張って、帰国しました。その後、彼の事業が良くなって、成功しました。そして、彼は次の年に再びここに来て、孫悟空の神を礼拝しました。そのような話しが続行していました。それ以降、孫悟空の神の像が配置されている洞窟の前に多くの赤い紙が張り付けられています。


  • 誕生年の不運の解決又は孫悟空の神に運命を預かる行事


           ピンクの紙に氏名、生年月日、誕生時間を書いて、次のような言葉を願いします。「孫悟空の神の力で、運命の守り、障害のない、幸せになり、祝福、繁栄、成長、長生き、健康、体力などが永遠になるように願いします。」そして、そのピンクの紙を頭から足まで13回でお祓いして、ピンクの紙を孫悟空の神の洞窟の前に張り付けます。そして、孫悟空の神の絵が描かれていた黄色の護符を財布や鞄に入れます。それで行事は完了です。


  • 朝の日の出


           カオヤイ神社は朝の日の出をみたい観光客やその写真を撮りたい人には最適な場所です。ここは、ゴ・シーチャン島の周囲の雰囲気が見えて、太陽は上昇する方面に灯台とシーチャン湾の海があり、遠くまで見えるため、美しい空に上昇している黄金色の太陽の写真が撮られます。更に、ここはカオヤイ神社の出口であるため、最高の風水で幸運が流れて通す場所です。だから、ここにいれば、良いエネルギーをもらって、新しい日に幸運を自分に追加するでしょう。


  • 鞄や財布への幸運


          又は幸運の作りは、神社の職員によって鞄や財布をカオヤイ神の像に触れて、その同時にカオヤイ神に鞄や財布の所有者の商売や仕事が達成し、財布にはお金がいつもいっぱいになるようにに祈ります。この行事の費用はその所有者の自発的になります。


  • 爆竹


           カオヤイ神に爆竹を差し上げることは、爆竹の音と同様に仕事や職業の成功で有名になるためです。一般には、事前にカオヤイ神に願いしたときの誓いの数量又は100個、500個、1,000個を火付けます。


  • 誓いの実施


           事前にカオヤイ神に誓いして、その願いを満たしたときにその誓いの内容に従って実施します。一般には、みかん、梨、ドラゴンフルーツ、リンゴとパイナップルなど5種類の果物の人気があり、又は、豚肉、アヒル肉や鶏肉及び数百の爆竹を含みます。しかし、最も人気があるのはゆで卵です。神社の職員の話によると、ほとんどの願いは達成していました。




礼拝のための品物の売店


  1. 礼拝のセットは、線香、ろうそくと金箔のセットが20バーツで、その追加には1ボトルのオイルが50バーツです。
  2. 誓いの実施のセットは、花輪が250バーツ、3色の布が250バーツ。
  3.  爆竹は、500個:150バーツ、1,000個:300バーツ、2,000個:500バーツ、5,000個:1,000バーツ、10,000個:1,500バーツ
  4. 誕生年の不運の解決のセットは100バーツです。




祭り


  1. カオヤイ神からのみかんと護符をもらう伝統的な祭りは、中国の新年(春節)の2週間前又は神社の職員に決められた日に行われます。
  2. 中国の新年(春節)祭りは中国の新年の日です。
  3. カオヤイ神の崇拝又はカオヤイ神に合う日祭りは中国の新年の後で2月29日です。




旅行



       テーワオン港から約1.5kmです。




施設


  1. ケーブルカー
  2. 礼拝のための品物
  3. レストラン
  4. トイレ


注意




      カオヤイ神社の洞窟の入り口が狭く低いので、歩行は頭に注意する必要があります。それは、カオヤイ神を礼拝するのに、尊重する意味です。