仏足石



要約



        ゴ・シーチャン島での仏足石はタイで最も重要な場所のひとつです。仏教の影の下での「ライカヤーシラ」という神聖な山頂に純白色のパビリオンの下に位置しています。それはラーマ5世が愛する島に造った信仰の象徴であって、現在、雄大に立って見える人々に幸運を与えています。この由来は、ラーマ5世の弟であるダムロン・デーチャヌパート王子が1892年にインドのブッダガヤでこの仏足石を取得したことです。そして、ラーマ5世は、ゴ・シーチャン島の仏教の中心として、この仏足石をチュラチョームクラオ山頂のヒルサイドに配置しました。当時、ラーマ5世は、1892年4月28-30日の期間に王妃の儀式として、仏教儀式を挙げ、仏足石を祝い、仏足石が配置されたヒルサイドを「チュラチョームクラオ山頂のライカヤシラ・ヒルサイド」という名前を付けました。




       それは、考古学的な小説によると、ダムロン・デーチャヌパート王子がゴ・シーチャン島の仏足石を取得したことが次のように述べました。




      「私は、ブッダガヤ寺で40センチぐらいの長さの右側の仏足石を見つけました。見た目では非常に古いもので、アショカ大王の時代又はその当たりに作られたと考えられました。その証拠は、紀元前のインドでは仏像、仏の歴史を語る仏塔や石碑を作ることは許せなかったことで、仏像の代わりに他の像が作られ、仏の正覚の前に仏足石が、仏の正覚した場所にポー木と仏の王座像が、仏法の発表の場所に法輪と鹿の像が、涅槃の場所に仏塔が作られました。紀元前の後にイオニア人(仏教徒のギリシア人)やインドの北西端に住んだガンダーラ人が仏像の作り始めて、インドの他民族も仏像を作りました。そのため、仏像が出来上がった理由です。当時、仏像はないため、その仏足石は仏の代わりに礼拝したものでした。そのとき、私はマハンというバラモン教の司祭に仏足石を要求して、許可されて、タイに持ち帰りました。ラーマ5世に差し上げました。そして、ラーマ5世は、仏教徒が礼拝し、聖なる場所のため、ゴ・シーチャン島のチュラチョームクラオ山頂のパビリオンに配置しました。」




場所の詳細




            ゴ・シーチャン島の北方に位置し、道路の両側は森林の状態で、上に登ると、右側にはコミュニティ、釣り桟橋、港、灯台や広い海水などのビューが見えて、ゴ・シーチャン島の生き方が反映されています。その左側には青々とした芝草を含めて緑の木が立て、それを触れることを誘えるように感じます。オートバイ・パークの前には、もう一つの観光スポットのタム・チュラチョームクラオ洞窟があります。駐車場には、線香、ろうそくや花などの小さな売店があります。仏足石を見上げると、右側にコンクリートの道路があり、この道はカオヤイ神社に行くこともできます。上に経つと、仏足石が配置されている純白色のパビリオンやその周りのレールが偉大な石の上立てられています。朝には風と太陽に対立して、美しく見えます。また、その上には、3つの部分に分かれて、茶色のタイルで覆われていた丈夫なコンクリート板でつながられます。その3つの部分が屋根ではっきりと分かれています。その中心の最高の白いパビリオンには仏足石が配置されています。その前に、礼拝用の線香、ろうそくや花の置き場及び祈りの言葉のシートが準備されています。その左側には、礼拝や仏教儀式のため白いパビリオンで、主な仏像が配置されています。その右側には鐘楼があります。ここの仏足石の場所は、完璧な仏教の場所で、信者や巡礼者たちは礼拝したり、敬意を表したり、来ています。




         仏足石のパビリオンに着くと、その周りの景色に驚くほどとても美しく感動すると言われています。観光者の心にも頭の中にもその景色のが美しさを自動的にいつまでも残すでしょう。いつか落ち着いて目を閉じて、ゴ・シーチャン島を思い出すと、このイメージが浮かんで来ることに違いはない。




仏足石の登り道


       


        仏足石のパビリオン登り道において、その山頂まで歩きについては、ラーマ5世は、歩いている途中がレクリエーションの時間であり、山頂に着いても、疲れを感じないと述べました。これは3つの方法で登ることができます。


  1. この道は、カオヤイ神社を崇拝した後の観光客にとって人気のある散歩道です。迦旃延の仏像のパビリオンに行く前に通過する道です。カオヤイ神社の入り口の前で、ライオンズペア像があります。ここを崇拝した者は裕福な財産になると信じられています。次は、タム・ルアンプー隠者洞窟であり、崇拝すれば、健康にメリットになると信じられています。次は、タイを守る仏像であり、仏足石に着く前の最後のポイントです。そのルートの途中には、プルメリア木のアーチになっていて、花の咲く季節になると、コ・チャン島のプルメリア花が美しく咲きます。セメントの道路は散た花にとても適切なサイズです。総階段数は336階で、約268メートルの長さです。この神聖な場所に着くと、メリットと精神的にも感情的にも満足になります。
  2. ラーマ5世が、ここでの祝い儀式と仏教儀式を主宰したときに利用した歴史的ルートです。この道は、カオヤイ神社を過ぎた右側にあります。人が両方通行できる幅で、セメントの道路です。その入り口にはラーマ5世が利用した痕跡があります。総階段数は500段で、長さが約370メートルです。その途中で、当時ラーマ5世の活動を思い出しながら、コ・チャン島の自然の美しさを見られます。
  3. オートバイ用のルートは、オートバイやスカイラップ車が利用道です。道路が全体に滑らかなセメントです。その両側には地域の木がたくさん立て、両方通行できる幅です。右側には、広々としているビューで、登れば登るほど美しくなります。オートバイや観光者にも便利です。仏足石に着く前に一つの観光スポットのタム・チュラチョームクラオ洞窟があります。その次はバイクの駐車場です。




            チュラチョームクラオ山頂まで歩きたいなら、歴史的なルートを利用して、チュラチョームクラオ山頂まで約290メートルの高さで、総階段数が365段です。それは、多少体から汗を流すことはできます。仏足石を崇拝する人気な時は朝であり、最初の日の出を見ることなのです。それは長い間に記憶に残るでしょう。そして、心を浄化するために仏足石を崇拝し、新しい日は裕福な人生を初めます。仏足石の崇拝は仏に敬意を払うことを表現し、人生には良さ、祝福や幸福が出来ます。




仏足石のパビリオンの周辺に3つの主なものがあります.


  1. ライカヤシラ・ヒルサイド又はチュラチョームクラオ・ヒルサイドの周辺には、白いパビリオン、偉大な仏塔、歩き道、山頂への道路などをを含めます。ダムロン・デーチャヌパート王子インドのブッダガヤから仏足石持って来て、ラーマ5世がここをライカヤシラ・ヒルサイドという名前を付けました。
  2. 最も尊敬される仏のシンボルである仏足石のパビリオンと偉大な石の台座です。コ・チャン島の北端にある神聖な場所で仏教徒、島の人々と観光客に尊重されます。線香やろうそくで心を落ち着いて、仏足石を礼拝します.
  3. 鐘楼は、仏教的な哲学においては真実に目覚めさせて、平和を感じさせることを示します。ここの鐘楼は白いパビリオンで、鐘が吊られます。心を平和に保ち、仏陀、仏法と僧侶を思い出しながら、鐘を3回鳴らします。その鐘の音が朝の景色と調和して、人生の祝福や有名になり、人々に認められます。芸術局が設計と建設を行って、白いパビリオンは現在まで美しいものになっています。




アクティビティ


  • 朝06:00時ごろに日の出を見ます。仏足石で日の出を見ることはタイの唯一の場所です。それはコ・チャン島の最初の神聖な光であり、太陽の力が人生へ祝福を与えて、コ・チャン島の最高の意味となります。
  • 仏足石の礼拝には、ロータス又は花輪、線香、ろうそくと金箔で行われ、その値段が合計30バーツです。(売店が準備しています。)
  • 鐘の鳴らしは仏足石で行われ、仏の崇拝と見なされ、仏教徒は過去から現在まで行われて来ています。
  • 僧侶に日用品を与える仏教的な儀式は、仏足石の周辺の売店から1セットにつき100バーツのものを買って、ジュターティット・タマサターン寺からの僧侶が毎週金、土と日曜日、08:00〜16:00時に儀式を行います。



距離


        港から仏足石までの距離は約1.3キロメートルです。




注意


  1. 登って、歩くときには、走ったり、大声で出したり、してはいけません。
  2. オートバイで登るときには、休日に多くのバイクがあるため、事故に注意してください。下りるときには、低速で注意に運転してください。




注意


      仏足石は神聖な場所のため、礼儀正しく着用する必要があり、大声が禁止で、仏足石のパビリオンに入る前に靴を脱いでください。




崇拝のための詩篇:仏足石の崇拝用の詩篇




そして、花を提供して、金箔を仏足石に貼り付けます。将来に良い人生になるためです。
タティヤンピ、イマン、プッタパータン、サッジャ、カラウェーナ、ワンターナ、ナマーミハン、
トュティヤンピ、イマン、プッタパータン、サッジャ、カラウェーナ、ワンターナ、ナマーミハン
イマン、プッタパータン、サッジャ、カラウェーナ、ワンターナ、ナマーミハン
ナマータッサ、パカワトー、アラハトー、サンマーサンプッタサ(3回)