イスリヤポン海峡 (山の切れ目)


詳細
    

      イスリヤポン海峡(山の切れ目)は島の西側に位置しマハワシラーウット岬に接近している。この山の切れ目はマハワシラーウット山頂とユコン山頂の間にある。サワパー通りとの繋がり道がありマハワシラーウット岬への通り抜けができる。海から眺めると山脈が切れた風景が観賞でき、島側で眺めれば海の綺麗さや360度で観賞できるマハワシラーウット岩石に詠っているさざ波が聴こえる。ここはシーシャン島の一番綺麗な夕焼け観賞スポットとして島、岩石または歴史的な建築物が眺めることができる。 


イスリヤポン海峡及び歴史的な重要さ


      海で眺める渡航者達は山脈が切れた風景と見えて、元々この海峡を」山の切れ目や丸石ビーチ」と称した。丸石ビーチでは3月~9月の西から東に吹ける風向きで石の形が丸になったという(現在では最早丸石が無し)。文化的な観光地としてシリヤポン海峡ではシーシャン島の非常に大事な歴史的なタイの庭園(アッサダーンカワン)である。


      アッサダーンカワンとはシーシャン島の巨大な庭園領域という。敷地面積は800ライ(約312エーカー)ラマ5世チュラチョームクラオ国王時代に建築された。それはラマ5世の優越な能力の証として巨大な庭園の憩い場の建築の思し召しがあった。アッサダーンカワン及びアッサダーンクァンという名称では...アッサダーンカワンは華麗な自然として岬、岡、岩石、洞窟、岩場、森林などまたはラマ5世時代に建築された建築物も含む。名の付け方では建築作業に携われた方々のお名前にて名称された。」イスリヤポン海峡」ではアッサダーンカワンの一部である。


     イスリヤポン海峡はラマ5世チュラチョームクラオ国王の息子様のお名前のプラチャオルックヤタープラオンチャオイスリヤポンとチャオチョームマーンダーケーソーン天皇陛下の由来で名づけられた。生年月日は1888年10月21日、5才でご逝去になった日付は1892年9月22日であった。


      第8巻の官報にラマ5世チュラチョームクラオ国王がアッサダーン開催式を行われた一部のイスリヤポン海峡についての文章は以下通り;


              「25日の昼は演劇午後4時過ぎると国王陛下が市庁舎に参りました。.... アヌワット岩石の方へ中の行列がイスリヤポン海峡へお向かいになりシラサッパサートン幕屋に居られました国王陛下がサッパウットとプロムスリン方面へお向かいになりました。マハワシラーウット裾野の中でお進みマハワシラーウット岬にて一旦灯台のアッサダーンをご観賞になりました。レアラッチャコーサーまでお戻りになりワナサターン(建築物)をご観賞になりイスリヤポン海峡へお向かいになり、シラサッパサートン幕屋にてご休憩になりワシラーウット岩石に詠ったさざ波をご観賞になってからソータナバンディット岡に於ける茶道をお行いになりました....」


     という理由でイスリヤポン海峡(山の切れ目)は歴史及び文化的な観光地として知ることは非常に有意義である。


マハワシラウット岬:  プーケット県のプロムテープ岬に似た様な自然の綺麗さの恵まれ、ワシラーウット岩場とイスリヤポン海峡に近い岬。ラマ5世チュラチョームクラオ国王の息子様のお名前のプラチャオルックヤターチャオファーマハワシラーウットとサワパーポンシー女王の由来で名づけられた。


マハワシラウット山脈 :  シーシャン島の地形の8割は岩山に囲まれイスリヤポン海峡からマハワシラーウット岬までの長い山脈になっている。国王の息子様のお名前のプラチャオルックヤターチャオファーマハワシラーウット由来で岩石に詠ったさざ波と自然の綺麗さに恵まれている。  


ラッチャコーサー展望台 : タイ湾の綺麗さが大幅に観賞できるマハワシラーウット山頂に位置している展望台。夕焼けと岩石に詠ったさざ波をご観賞になる為にラマ5世チュラチョームクラオ国王はレアラッチャコーにご駐在になった。レアラッチャコーでは史跡として美術局によって登記され ラッチャコーさー王子(チャン・ワッチャロータイ)のお子様(ルン・ワッチャロータイ)のお名前の由来で名づけられた。


マハワシラウット橋 : この橋は後半の1999年にシーシャン島市長によって造られた。綺麗な夕焼けの観賞の為に岩石を沿って海の真上に歩く白いコンクリート橋がそびえている。橋の両幅に金色の白鳥のイルミネーションで装飾されている。 

        昔から」イスリヤポン海峡」はラマ5世の星を見る為の幕屋があった。ここは昼の風景、夕焼け、夜の月を見ることができるという場所。

        静かで自然の特徴を持つ終日涼しい風が吹いている場所として、どの風景をみても綺麗で写真撮影に最適。高潮の時期が来ると岩石に当たってる波が心底まで華麗な現象が過激に過ぎる。日暮れの最後の日光とのお別れになって翌日の日登に向かう為に身体の電池をチャージみたい。この島の全体的な風景を観賞する為にはイスリヤポン海峡が初めてのビューポイントであろう。


レクリエーション

  1. 自然との風土醸成された文化的学習及び観光のお楽しみ。
  2. どこアングルでも感動的な撮影。
  3. 日暮れの夕焼けの観賞。
  4. シーシャン島人生活の法則の反映として様々な魚釣りのお楽しみ。


アクセス

  • 第1経路:テワウォン船着場からまっすぐティウパイ交差点まで、右折してからまっすぐ通行しイスリヤポン海峡及び山の切れ目が左にある。
  • 第2経路:テワウォン船着場からカオヤイ神社の方面へまっすぐ行くと病院の隣の小道が見える。500メートル位まっすぐ通行し右折するとイスリヤポン海峡及び山の切れ目が右にある。
  • 第3経路:テワウォン船着場からカオヤイ神社の方面へまっすぐ行くとちょうどパックディ中国神社を通行する。イスリヤポン海峡及び山の切れ目が左にある。


禁止事項

  1. 岩石から海水面に飛ぶ降りるな!
  2. 落書禁止。
  3. 天然資源を外に持って行いってはいけない。